投稿

マハー マントラ

イメージ
                       マハー マントラ(偉大なるマントラ) マン-心 トラ-解放 ハレー ラーマ ハレー ラーマ ラーマ ラーマ ハレー ハレー ハレー クリシュナ ハレー クリシュナ クリシュナ クリシュナ ハレー ハレー <写真> シバナンダ アシュラムにあるバジャンホールです。 ここで1943年からマハー マントラが24時間、途絶えることなく唱えられています。 天井の方には宗派を超えたあらゆる聖人の絵や写真が飾られています。 奥に祀られているのがサラスヴァティ女神様、日本に渡り弁財天となり、親しまれています。 バジャン-捧げる  

プラナヤーマ

イメージ
プラーナ(生命エネルギー) アーヤーマ(延ばす、広げる、止める) 呼吸を通して、生命エネルギーを体内に取り入れ、満たし、止めることをプラナヤーマといいます。 単なる酸素、二酸化炭素の出し入れではなく、気をコントロールすることであり、調気法とも呼びます。 猫や、野生の動物などは何日も食べずに元気でいられるのは、大気に遍満するプラーナを自然に取り入れているからなのではないでしょうか。 呼吸の仕方でも心の働きが変わりますね。 嫌な気分の時は、呼吸は浅くなり、楽しいと広がりを見せます。 意気揚々としている時は、深くなることが分かると思います。 そして、美しいものに出会った時は、息が止まります。 自分の呼吸を観察することで、心との関係がよく分かります。 アーサナとプラナヤーマで、身体には7万2000本あるといわれている気の通り道であるナーディーを浄化して、生命エネルギーで満たしましょう。 怠惰な心が消えて身体も軽く感じられることでしょう。  

アーサナ

イメージ
アーサナとは、皆さんがイメージするヨガのことで、ワニのポーズ(ジャタラ・パリヴァルタナーサナ)、カラスのポーズ(カカーサナ)、英雄のポーズ(ヴィーラバッドゥラーサナ)などの様々なポーズがあります。 難易度の高いポーズや、苦手なポーズをとる時は、いわば拷問のような感覚に陥ることもあろうかと思いますが、 アーサナとは、「快適で、安定したものでなければならない」と、ヨーガの教典には記されています。 ブレずに、怪我なく、「快適で安心」を得るためには、身体の土台である体幹が必要です。 体幹は身体の基礎の部分です。 基礎がある程度できていれば、どのようなポーズでも寛ぎの中で安心していられます。 寛ぎの中で安心していられたのなら、ゆとりが生まれ、状況を客観的に捉えることができます。 身体の状態、呼吸の流れ、そしてそれを観察している自分。 アーサナを練習することにより、動揺せず、事象に囚われない落ち着いた心をつくります。 そうする過程で、身体の健康を取り戻し、快適に日常を送ることもできてゆくのです。 ポーズの完成形に囚われることなく、今の状況を受け入れて、心地の良い呼吸をしてみましょう。 心の動きが止まり、幸せに包まれることでしょう💖  

ニヤマとは

イメージ
                      幸せを不動のものにする方法。 ヤマは外部との調整をとり、ニヤマは内部調整をはかり心に平穏をもたらします。 「シャウチャで心と身体を浄化して曇りが取れると、自然に幸福感が湧き起こり、サントーシャが身につく。不断の努力でタパスを実践し、スワディヤーヤで真実を学んでいくうちに、祈念する対象が現れ、イーシュワラ プラニダーナに結びつく。」 ヨーガを学び深めていくと、混乱が減り幸福感が増し、出会うべき人、もの、教えがタイムリーにやって来ます。 それを周波数が合う。とか、シンクロニシティという言葉で表現することもありますが、我々一人一人に内在する個我は意識の集合体の中の一つであるならば、当然のことなのかもせれません。 いずれにしても無理矢理頑張って手に入れたものではなく、自然に自動的に至福にいたるのがヨーガです。 誰にでもヨーガのテクニックで永遠なる至福を手にすることはできるのです。 自己実現するには、教えを信じて疑わずに熱意を持ち続け、実践あるのみだと思います。 最後は意思の力によるものなのかもしれません。 そして、神の御加護💖 不断の努力を続けましょう。

ニヤマ ⑤イーシュワラ プラニダーナ

イメージ
 イーシュワラ プラニダーナ(祈り) 自分が信じている神様に祈りを捧げること。 エゴを取り払い、大いなるものに自身を明け渡すこと。 するべきことは淡々と受け入れてこなし、あらゆる努力をして、後は信じて大いなるものに委ねましょう。 祈りの力は絶大です。信じるものは救われるの言葉通り、諦めずに努力を重ねた数だけ、信じる力も平行して養われ、それがいづれ祈りに変わり、到達できるのだと思うのです。 心を純粋にして祈りを捧げましょう。

ニヤマ ④スワディヤーヤ

イメージ
                      スワディヤーヤ(自己学習) スワディヤーヤとは聖典(バガヴァット ギーター、ヨーガスートラ)を読んだり、ベーダンタ哲学などで本性(真理)を学ぶことを指します。 真理を学ぶには、絶対の信頼がおける師から学ばなくてはなりません。暗闇で迷子にならないために。そしてとんでもない結果を招かないためにも、安心して学べる場が必要です。 今現在、様々な学びのある中、どこで誰と出会い、どのような学びをするのかは、前世のカルマによるものが大きいようですが、真摯に真実を追い求めるのならば必ず扉は開かれて行くのだと思うのです。 「我々はどこから来たのか、我々は何者か、我々はどこへ行くのか」この学びこそがスワディヤーヤと理解します。 深淵なる学びを体得するには、心を平穏に保たなければ真理は得られません。 自己との調和を保つテクニックがヨーガの教えに散りばめられています。 遠くにあるものを追い求めるのではなく、既に自分の中にあるものを見出して、それを磨いて生かして役立てましょう。 永遠なるものと変化するものを識別をして、囚われの身から解放されましょう。

ニヤマ ③タパス

イメージ
タパス(修行) タパスとは努力を続けること。 タパスとは山にこもって厳しい修行することではなく、普段の生活の中でより良く生きていく為に諦めずに努力を重ね、精神を鍛錬していくことです。 淡々と努力することで、その熱意が叶い、悪癖が取れ、いずれ目標に到達することでしょう。前向きに努力した熱量だけ成功に近づきやすくなるのです。 肉体のタパスとしては断食。言葉のタパスは愛のある言葉を話す。心のタパスは決めたことを続けるという情熱。 朝起きること、家族のために食事の支度をすること、他者のために働くこと、目標に向かって勉強すること、生きていくこと自体が修行と愛による力のようですね。 より良く生きるためにタパスを重ね、その過程を決して見せびらかすことなく、他者に押し付けることもせず、謙虚に習慣づけ、内在しているネガティブな性質を燃やし尽くして行きましょう。そうすることで、あらゆる制限から解放され完全なる自由を手にすることでしょう。 タパスとは耐え忍ぶ意味合いもあります。「なんで私だけが?」「めんどくさい」などのネガティブな感情を見つけたら、一息吐いて、清涼な空気を吸い込むイメージで息を吸ってみましょう。呼吸を意識的に繰り返しているうちに、生命エネルギーが行き渡り、気持ちも晴れ晴れとして行きます。  タパスを実践して、他者に誠意を尽くしているうちに、心が浄化され、あるがままを受け入れられる度量が身に付いて行くのです。 どんな山があろうとも諦めずに、謙虚に前を向いて歩いて行きましょう。