投稿

ヨガを続けて

イメージ
  コロナ以来、 リモートに切り替えて、 この春で3年目を迎えます。 ここ数年で、全世界で様々な変化が急激に起こり、 コンピュータに疎い私でさえも、 未知なる世界に踏み込みzoomでヨガを続けております。 以前の私なら、 頑なに新しいモノコトを拒んだと思うのですが、 ヨガを淡々と行うことで肩の力が抜けて、抗うことなく、 素直に受け入れられるようになりました。 波に乗ることができて喜びも一入です✨ この2年間はオンラインレッスンが中心でしたが、 年明けて早々に対面での椅子ヨガを開始、 そして、新年度を迎えて、 気持ち新たに自宅で極めて少人数での対面レッスンを再開いたしま した。 zoomでは、 遠方に越された方や故郷の友人と繋がることもできました✨ 新年に皆んなで、 毎日できるような日課を決めてそれを淡々と報告し合ってみたり、 年度末には、頭立に挑戦してみたりと、 オンラインならではのメリットを最大限に活かし、楽しみながら、 時に励まし合いつつ、 様々なことにチャレンジさせてもらっています。 こうして時空を超えた繋がりの中で、 益々ヨガを身近に感じていただければ幸いです。 変化することを恐れずに、 伝える手段が変わろうとも、ヨガを真摯に学び、培ったものを、 より多くの方々にこれからもシェアしてゆけたら本望です💞 ヨガをするほどに、喜びが増え幸福感が高まり平穏が訪れますよ💞 全てのものたちが平和でありますように🙏

スワダルマ

イメージ
スワダルマ(役割) 目の前のことを『為すべき事』として行う。 これまでの行いの結果として、役目や義務が、時を得て一人ひとり に割り当てられる。 「上手くやってやる」という野心を棄て、それらを純粋なる精神で 行う。 逃げず、闘わず、ただ受け入れ、より良い方向へ行くことだけを祈 願して粛々と行う。 人生はまるでゲームのよう。 今のステージが終わると、すぐにまた次のステージが待っている。 苦しいだけが人生ではなく、 そこには目標を達成した時の爽快感があり、 努力している時の充足感があります。 心を観察してみると、やはり前を見ている時、 僅かでもポジティブな心持ちでいる時の方が健全でいられます。 良く思われたいなどの邪心がひょっこり現れた途端に表面的になり 、肩に力が入り、立ち行かなくなるのが常です。 エゴを棄て『為すべき事』を淡々と行う、それをスワダルマと呼び ます。 どんな些細に思われるような事でも、明日へ繋がる未来という輝きが宿っている ように思います。 純粋なるものに通じる道が、スワダルマとして用意されているので しょうね。   上記の写真は年末の築地市場の鰹節屋です。 削りたての良い香りで溢れていました。 若い男の子達も大勢、働いていて 活気付いていました。 今までスーパーでしか買ったことのなかった鰹節が、 こうして目の前で削られて、 香り漂わせて、 そして売られて行く工程。 これらが引き継がれて行くこと。 それが、ただただ素敵に思えてなりません💖 良いお年を✨

夏のサーダナ

イメージ
  まだまだ油断なりませんが、 暑い暑い夏が、一先ず終わりましたね。 9月に入るたびに、暑さに負けずに無事に乗り越えられたことに感謝して、 逞しく、また、年輪として刻まれたような気がします。 本来は、 いつも8月は帰省していたのですが、 コロナ以来、 それも叶わず💦 今やオンラインで淡々と繋がり、 そして、小さな画面では、なかなかお一人お一人にアドバイスするようなゆとりが持てなかったので、 これを機会に、 マンツーマンで、 各々の癖や、気付けていない部分を修正してもらう貴重な時間が持てました。 自分自身が股関節周りを痛めてしまったということもあり、 足腰を改めて見直したい気持ちで、 考えた、 動きを、 みんなで共有して、 毎朝 6時に zoomで、繋がり、 目覚めのシークエンスを行いました。 先ず、 ’イチローのポーズ'で肩、股関節を解して、 太陽礼拝で全身を目覚めさせ、 それから足腰を中心に整えるシークエンス! 足りていない体側伸ばしは三角のポーズで補い、最後は捻りのポーズで調整を取って、わずか20分程度でお仕舞いです。 夜は毎晩 9時に Line音声だけで繋がり、お休み前のリカバリーを、テニスボールを使って行ってみました。 骨盤内を解すだけなのですが、全身リラックスできるのです。 きっと、みんなで繋がってしたから、効果も倍増したのでしょうね。 第1週目までに公開個別レッスンで、シークエンスを覚えていただき、 それからはリアルタイムで繋がり、 それが叶わない方は録画配信で、 それこそ淡々と毎日、 朝は目覚めのシークエンス! 夜はおやすみ前のリカバリー! みんなで行ったから、三日坊主にならずに、 朝はラジオ体操気分で繋がり、 夜は合宿気分で繋がることができました。 8月の終わり頃には、秋の虫の音色がBGMとなり、とても心地よかったですね。 狭い家の中で、マットを今日はどこに敷こうか? 出来るだけ自然光でよく見える所で、しかも家族の邪魔にならない所はどこか? 微妙に位置を変えたり、 朝からマットを持って、ウロウロしておりました。 そして、上の写真はヘアーバンドなのですが、 これが大変、役に立ち、 朝のモワっとした髪を纏める必須アイテムで、 なんと30年以上前にマイアミのお土産で頂いたものです。 流石にほころんでいたので、チクチク繕って使ってました。 お陰様で

プラティヤハーラ

イメージ
プラティヤハーラとは、 感覚器官をコントロールして、内側に引き込んで行くことをいいます。 ヨガアーサナ、プラナヤーマが上手く行った時に訪れる境地です。 内観すればするほどに、ヨガアーサナ、プラナヤーマを深めることもできますよ。 趣味など、興味が湧くものに関しては、なんの問題もなく、自然と心がそちらへと向かいますが、 心が、外側の対象物にべったりとくっ付いています。 プラティヤハーラは制感ともいい、 まるで亀が頭、足、尻尾を甲羅の中に収めるように、感覚を静めます。 何かしらの形で心は対象を探し、心の隙間を埋めようとします。 その物、事、人から意識を離して、内側の精妙なるモノに意識を向けて行きます。 カルマを消化して、良い循環を創るには、本物を見極める力を養う必要があるかと思います。 それには心の波風を少なくしてゆくプラティヤハーラが有効で、 欲望が少なくなればなるほどシンプルになり、 先々の見通しが良くなります。 そして今まで気づけなかったことが観えてきます。 ヨーガを淡々と続けて、 動揺すること、反応する癖を減らして、ゆったりと日々を送りましょう。 Be good  Do good❣️

感覚機能

イメージ
   何か作業に没頭しているうちに、痛みがいつの間にか消えている! 多くの方が、一度はそうした体験をされているのではないでしょう か。 それが顕著に現れた例を、ここに記しておきたいと思います。 3年前にふとしたきっかけで肩を痛めてしまい、 それになんとか耐えつつ、リース作りの講習会へ行った時のことで す。 はじめは、冷や汗をかくほどの痛みを感じてました。 ところが作業に集中すればするほど気にならなくなり、 最後はまるで何事もなかったかのように楽になっていました。 それはとても不思議な経験で、 またヨガ哲学の"心の性質”ともピタリと当てはまり、深く印象に 残りました。 心はいくつもの感覚を同時に映すことはできずに、ひとつの 事象だけを捉えます。 私はその時、リースの材料である大好きなドライフラワーを前にしてワクワクしていました。 身体の機能が回復した訳ではなく、 心のセンサーが肉体を離れ、作 業工程へと向かったことで痛みを感じずにいられたのです。 ヨガでは感覚器官をコントロールして内側に向けることをプラティヤハーラといいます。 外側に向かう意識を内側に引き込んで行きます。 今回での体験で、 プラティヤハーラを完成させられたのなら、 いつでも楽な状態でいられるというのが分かりました。 ヨガでは心も本来の自分ではないと説いています。 ですので、あらゆる不安、恐怖、苦悩からも意識を切り離すことで、良い状態でいられるのでしょうね。 できるできないにとらわれずに、 淡々と練習を積み重ねて、 いつでもどこにいても至福に満たされるよう、 精進して参りたいと、 気持ちを新たにしました。

カルマヨーガ

イメージ
目の前にあること。 外から与えられたこと。 運命づけられていること。 一切の執着から離れ、 結果にとらわれることなく自我意識をなくして、 今すべき義務を果たそうとすること。 その純粋なる行為を神に捧げる。 無私の心で働くにはどうしたらよいのでしょう? 雑念だらけのネガティブな心では、 与えることはおろか利己的にはたらき、 他者を知らず知らずに利用してしまいがちです。 満たされない気持ちを埋めるために、 ものに依存したりと心は果てしなく忙しく動き回り、 身体を疲れさせます。 そこで、アーサナで活動に耐えうる肉体を先ず作り、 プラナヤーマで身体と心をスッキリとさせ、 自我意識を減らしてゆきます。 そうすることで他者との隔たりが消え、 今するべきことが分かり、自然と葛藤が少なくなり 楽に動けるようになるのだと感じます。 そこには自分がしているというエゴはなく、 満たされている感覚があるのです。 今生で出会う事柄の全てに意味があり、 ことの大小にとらわれずに、 諦めず淡々とカルマヨーガを繰り返し、 ネガティブな思い込みを手放してゆきましょう。 そうすることで自然と周りの環境も整い、 霊性も高まってゆくのだと思います。 あらゆるものの幸福を願いつつ、 永遠なる至福に近づいてゆきましょう。

マハー マントラ

イメージ
                       マハー マントラ(偉大なるマントラ) マン-心 トラ-解放 ハレー ラーマ ハレー ラーマ ラーマ ラーマ ハレー ハレー ハレー クリシュナ ハレー クリシュナ クリシュナ クリシュナ ハレー ハレー <写真> シバナンダ アシュラムにあるバジャンホールです。 ここで1943年からマハー マントラが24時間、途絶えることなく唱えられています。 天井の方には宗派を超えたあらゆる聖人の絵や写真が飾られています。 奥に祀られているのがサラスヴァティ女神様、日本に渡り弁財天となり、親しまれています。 バジャン-捧げる